舞台用語解説

「マチネ」と「ソワレ」の意味は?

マチネとソワレ用語解説アイキャッチ画像
Pocket

演劇の世界で、たびたび出てくる「マチネ」や「ソワレ」という言葉。

舞台好きの友人も「この間『○○(公演名)のマチネ行ってきたよ~!』と教えてくれたりするのですが、意味を覚えられるまでは「マチネ」「ソワレ」と聞くたびに、「どっちが、どっちだ…」といちいち検索したものです。

「マチネ」「ソワレ」をさらっと会話のなかで使いこなせるようになると、なんだかかっこいい気もしますよね(何となく)。

そこで、このページでは「マチネ」と「ソワレ」の意味と覚え方について紹介していきます。

「マチネ」と「ソワレ」の意味は?

舞台好きの方にはおなじみの「マチネ」と「ソワレ」という言葉ですが、どちらも、もともとはフランス語です。それぞれどういう意味があるのか解説していきますね。

「マチネ」とは昼公演のこと

マチネ」とは、フランス語で朝や午前という意味があります。そこから派生して、演劇やミュージカルなどでは「昼公演」という意味の舞台用語として使われるようになりました。

「ソワレ」とは夜公演のこと

一方、「ソワレ」はフランス語で夕方や陽が暮れたあとの時間帯という意味です。それが転じて、ソワレは「夜公演」という意味で使われているんですね。

「マチネ」と「ソワレ」の覚え方

マチネ」と「ソワレ」は、「どっちが昼公演で、どっちが夜公演だったっけ…?」と、つい忘れがち。私もいままで何度も検索したことがあります…。

覚え方としては「マチソワ」と覚えておくのがおすすめ。というのも、「マチソワ」とは「マチネ」と「ソワレ」をくっつけて、縮めたもので、「マチネとソワレの両方」を指すときに使います(たとえば、「マチソワ観劇するよ!(「昼公演と夜公演観るよ」の意)」のように)。

この「マチソワ」という言葉の並び順をみてもわかるように、「マチ」が先で、「ソワ」があとですよね。つまり、「マチ=マチネ」は先だから昼公演、「ソワ=ソワレ」はあとだから夜公演と覚えておけば大丈夫です。

さいごに

「マチネ」と「ソワレ」の意味と覚え方はバッチリでしょうか?こんな用語解説をしたものの、私はいつも「昼公演」「夜公演」と言ってしまいますが…(笑)。

ちなみに、チケットの取りやすさでいうと、ソワレの方が取りやすい気がします。おそらく、観劇されるのは女性がメイン(特に40代~50代くらい)なので、主婦の方だったりすると夜公演はご家族がいると、ちょっと観劇するのがむずかしいですよね。

夜公演のスタートは17時~18時くらい。公演はだいたい2~3時間ありますから、終了時間は一番遅くて21時ですからね。遠方から行くなら、さらにそこから移動時間がかかります。そうなると帰りも遅くなるので、自ずと観劇するのはマチネが多くなるのかなと思うんです。

私も基本的にはマチネのチケットを取ることが多め。よほど人気の公演で「マチネはむずかしそう…」と思ったらソワレのチケットを取ることもありますが、基本的には昼間に観て夜は早く帰りたいタイプです(笑)。

劇場情報はこちら

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です